快適なトイレ環境はリフォームから

最新の便器に交換!広くて綺麗なトイレにリフォーム

>

清潔に快適に生まれ変わるトイレ

トイレの種類と基本知識

普段、気に留めることのないトイレの種類ですが、いくつかに大きく分けられます。

まずは「組み合わせ型トイレ」です。
古くからある、今まで最もよく目にしてきた便器で、後ろに水を貯めるタンクがあり、上部が手洗い器になっているタイプは誰もがよく知っているのではないでしょうか。

次に「タンクレストイレ」ですが、後ろに水を貯めるタンクが無いもので、空間も広く感じ、掃除も手間が省けるものです。

「便座一体型トイレ」は便座と便器、タンクがセットになっており、デザインにも統一感があります。こちらも掃除は手軽です。

「収納一体型トイレ」は便器の後ろ側などに収納があり、タンクなども後ろに隠されているので、リフォームの際に建築の都合上タンクレストイレに出来ない場合も上手く空間を利用し、収納棚上を好きなコーディネートで楽しむことが出来ます。

最新のトイレ便器は様々な機能が満載

温水洗浄機能便座などはすっかりおなじみですが、それ以外に最近のトイレには掃除のしやすさ、清潔に保つ除菌機能など格段に進化しています。
最新のトイレ便器についてどれくらいご存じですか?

掃除しやすいトイレとして、最近はフチなし形状のものがあります。
便器のフチを無くし、滑らかな形状にすることできれいに掃除しやすくなりました。

また、最近は温水洗浄機能便座にシャワーノズル収納があり、掃除しにくかったフチ裏を無くしてノズルを収納し、さっとふくだけできれいに出来ます。
掃除しにくかった温水洗浄便座本体と便器との間を楽に清掃できるお掃除リフト機能というものもあります。

他にも、除菌水が出て汚れをつきにくくするもの、においの原因菌を除去することができるもの、市販の台所用合成洗剤を注入しておくと、流した際に泡が汚れを落としてくれるものなど、各メーカーごとに独自の機能に力を入れ差別化を図っています。